米Sprint Nextelは,提携会社である米Alamosa Holdingsを買収することで合意に達したことを米国時間11月21日に発表した。買収金額はおよそ43億ドルで取り引きは現金で行なわれる。手続きは2006年第1四半期に完了する見通し。

 テキサス州を拠点とするAlamosa社は,提携会社中でもっとも加入者数が多く,19州でSprint PCSサービスを提供している。買収により,Sprint Nextel社はAlamosa社のおよそ148万人の加入者を獲得する。

 Alamosa社は8月に,同社の子会社であるAirGateがSprint社と交わしていた独占契約に関してSprint社を提訴していた。買収条件に基づき,両社はデラウエア衡平法裁判所に係争中の訴訟の保留申請を行なう。買収手続きが完了した時点で訴訟は終了する。

 Sprint Nextel社が合併して以来,同社の関連会社の買収はLake Charles社,Gulf Coast Wireless社,IWO Holdings社に続きAlamosa社が4社目となる。

◎関連記事
米Sprint Nextelと米Comcast/米Time Warner Cableなど,“クワッドルプル”サービスを提供する合弁会社設立
「米国無線事業者の顧客満足度,合併など業界の変動が影響し前年比10%低下」,米調査
「米Sprintと米Nextel合併後の米国無線業界,上位4社が全ユーザーの85%を占める」,米調査
「米国携帯電話キャリアの顧客満足度は米Verizonと米T-Mobileがトップ」,米調査

発表資料へ