PR

 米MotorolaとルクセンブルクのSkype Technologiesは,IP電話ソフトウエア「Skype」対応のBluetoothヘッドセット・キット「Motorola Wireless Internet Calling Kit」を,現地時間11月21日から米国で販売する。家電品販売を手がける米RadioShackの3500店舗と,Skype社のオンライン・ストアにて99.99ドルで販売される。

 同キットは,Bluetoothヘッドセット「Motorola H500 Bluetooth Headset」とパソコン接続用のUSBアダプタ「PC850 PC Adapter」の構成。アダプタをパソコンに接続し,必要なソフトウエアをインストールすることで,Skypeによる通話がヘッドセットを使ってできる。通話はパソコンから最大30フィート(約9m)離れても可能。Skypeに対する着信は,同キットと互換性のあるBluetooth対応携帯電話機に自動転送することもできる。

 同キットには,Skypeから固定/携帯電話に発信するための有料サービス「SkypeOut」を30分使える利用権が付属する。

 RadioShack社は同キットに加え,Skype対応のコードレス電話キット「Linksys CIT200」やUSBヘッドセット「Logitech Premium USB Headset 250」,USB電話機「VoIP Voice Cyberphone K USB Internet phone」と,ヘッドセットやSkypeOut利用権などをセット提供する「Skype Starter Packs」の販売も開始した。

◎関連記事
米eBayがルクセンブルグSkypeを買収へ,取引総額は最大約41億ドル
「企業はSkypeの利用を禁止すべき」,カナダの調査会社が警告
「E911未対応でもVoIPサービスを継続してよい」,FCCが条件付きで容認
“インフラ”になりつつあるSkypeを感じたこの一週間
「2007年までに無線VoIPを導入する企業数は3倍に」,米Infoneticsの調査
躍進するSkypeに立ちはだかる難題---既存事業者,ライバル,規制,そして買収
「2009年の北米VoIPサービス市場は199億ドル規模,現在の約15倍に」,米調査
1億ダウンロードを突破したSkypeの脅威(1)

[発表資料(Skype社とMotorola社)]
[発表資料(Skype社とRadioShack社)]