PR

 米iSuppliは,米国時間11月22日に発売された米Microsoftの新型ゲーム機「Xbox 360 Premium」を分解し,部品コストを見積もった。iSuppli社が米国時間11月23日に明らかにしたもの。それによると,部品だけで総コストは525ドルに達し,販売価格の399ドルを大きく上回るという。

 Xbox 360 Premiumのプロセサは,米IBMが設計しMicrosoft社とともに製造したPowerPCベースの専用マイクロプロセサ。演算コアを3個搭載しており,動作周波数は3.2GHz。コストは106ドルで,同ゲーム機の部品コスト全体の20.2%を占める。同プロセサと周辺LSIを合わせたコストは340ドルとなる。

 IBM社のプロセサは,今後出荷が始まるソニーの「PlayStation 3」と任天堂の「Revolution」でも採用が決まっている。「Microsoft社のXbox 360がゲーム機市場で普及するかどうかを判断するのは時期尚早だが,IBM社が勝者であることは間違いない」(iSuppli社)

 Xbox 360に搭載されているそのほかの主要LSIには,グラフィックスLSI(GPU:Graphics Processing Unit),メモリー,サウスブリッジI/Oコントローラがある。GPUはカナダのATI Technologiesが設計した高精細グラフィックス対応品で,NECの供給するDRAMと合わせたコストは141ドルとみる。

 iSuppli社はこれらにハード・ディスク装置,DVDドライブ,きょう体,無線通信ボード,電源,無線コントローラ,ケーブル,印刷物,箱などの価格も合計し,総コストを525ドルと計算した。

 なお,米メディアの報道(CNET News.com)によると,Microsoft社は2006年6月末までに約550万台のXbox 360を販売する計画という。

◎関連記事
発売直後の「Xbox 360」を分解してみた
Xbox 360が米国で発売に,Windows 95発売時の騒々しさが再来
Xbox 360米国発売前夜の成功と不安
米Microsoftが「Windows XP Media Center Edition」をアップデート,「Xbox 360」と連携
MS,次期ゲーム機Xbox 360用周辺機器でライセンス料を徴収
「Xbox 360」レポート 第1回---PS3との比較やフォト・ギャラリで実像に迫る
「ゲーム内広告,3Dアニメーション広告は静止型の広告と比べて2倍の効果」,米調査
「米国ゲーム愛好者の79%が家族でゲームを楽しむ」,米AOLの調査

[発表資料へ]