PR

 米Sun Microsystemsとダートマス大学コンピュータ科学学部は,UNIX OS「Solaris 10 Operating System(OS)」のオープンソース版「OpenSolaris」について,セキュリティ機能の強化を共同で進める。Sun社が米国時間11月21日に明らかにしたもの。

 ダートマス大学の公開鍵インフラ(PKI)研究所は,OpenSolarisの開発プロセスで利用可能な認証局の構築に取り組む。同研究所は,OpenSolarisにコンピュータの信頼性を高める技術の組み込みも行う。さらにダートマス大学では,OpenSolarisを用いて,OSに関する大学院レベルの講座を開設する。

 「ダートマス大学の協力により,既に利用可能となっている『Solaris Cryptographic Framework』ライブラリの強度を高め,セキュリティ分野における当社の地位を盤石なものにできる」(同社)

◎関連記事
「オープンソースがイノベーションを加速」,Sunのオープンソース責任者大いに語る
FreeBSD Project,オープンソースOS「FreeBSD 6.0」を公開
オープンソース・ソフトのリスクをカバーする保険,英Kilnと英Millerが発売
米Microsoft,ソースコード開示ライセンスを3種類に簡素化
「米政府機関IT幹部の約6割がオープンソース・アーキテクチャの導入に賛成」,米調査
「アジア太平洋地域の開発者の約半数がオープンソース導入を拡大する予定」,米調査
オープンソースになったSolaris,Sunの狙いと成功への課題
「OSやアプリケーション関連のセキュリティ,WindowsよりLinuxに軍配」,米調査

[発表資料へ]