PR

 米Microsoftは米国時間11月28日に,中小企業向けホスティング型メッセージング/コラボレーションのソフトウエア・パッケージの新版「Microsoft Solution for Hosted Messaging and Collaboration 3.5」を発表した。すでに世界市場で利用可能。モバイル対応とセキュリティ機能の向上を図った。「サービス・プロバイダは,大企業クラスの電子メール・サービス,モバイル・データ・アクセス,オンライン・プレゼンス情報機能などを中小企業に提供できる」(同社)

 同ソフトウエア・パッケージは,従業員10~250人の企業を対象にしたサービス提供を想定する。デスクトップ・パソコンやモバイル機器に対応した各種通信ツールを備える。モバイル向けOS「Windows Mobile 5.0」を搭載した携帯電話やPDAから,プッシュ技術を利用して最新の電子メール,スケジュール,タスク通知などにアクセスできる。

 セキュリティ面では,紛失したり盗まれたりしたモバイル機器のデータを消去する機能を追加。許可を得ていないユーザーによるデータ・アクセスを防ぐルールを自動設定できるようにした。

 そのほか,サービス・プロバイダの導入を促進するための自動化ツールおよびスクリプト,サンプル・コード,ベスト・プラクティスなども提供する。

 また同社は,ホスティング・サービス・プロバイダ支援プログラム「Microsoft Hosting Program」を同日発表した。参加企業は,Microsoft Solution for Hosted Messaging and Collaborationと,ホスティング・サービス・プロバイダ向けスイート「Microsoft Solution for Windows-based Hosting」に無料でアクセスできるほか,技術情報やアップデート情報およびケース・スタディを掲載した月刊ニュースレター,マーケティング・ツールなどを受け取れる。

◎関連記事
米Microsoft,ホスティング・サービス向け「Windows-based Hosting Version 3.5」を提供
「小企業のサイト開設が急増,Webホスティング支出は年平均9.5%で増加」,米調
米Yahoo!,「Yahoo! Local」で小企業向け無償Webサイト・ホスティングを提供
米PeopleSoft,中堅市場向けホスティング・サービスを発表
米Microsoft,「Windows Mobile 5.0」用の強化機能パックを発表
米MS,企業IMサーバー「Office LCS 2005」をモバイル向けに拡張
加RIM,企業IMのモバイル端末利用で米Novell/米IBM/米MSと提携
米Microsoft,既存ドメインを使う「Windows Live」の電子メール/IMホスティング・サービスのベータ版開始

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]