PR

 米Autodeskは米国時間11月28日に,Web対応地図情報システム(GIS)ソフトウエア「MapServer Enterprise」のソースコードをオープンソースとして公開した。Autodesk社が同日明らかにしたもの。ソースコードは,同社などが設立した非営利組織MapServer FoundationのWebサイトからダウンロードできる。

 MapServer Enterpriseを使うと,空間的な関係を視覚化するアプリケーションの開発や展開が迅速に行えるという。PHPや.NET,各種Java対応ツールをサポートしており,WindowsやLinux向けアプリケーションを構築できる。

 ライセンスはLesser General Public License(LGPL)を適用する。MapServer Enterpriseオープンソース・プロジェクト用Webサイトの本格運営は,2006年の早い時期に始める。同サイトではソースコードを提供するほか,バグ情報受け付け,メーリング・リストやディスカッション・フォーラム運営も行う。

 なおAutodesk社は,同ソフトウエアの商用版を「Autodesk MapServer Enterprise」として2006年にリリースする計画である。

◎関連記事
オープンソースGIS「MapServer」,オークニーがカナダ社と共同で日本語化とサービス提供へ
米Google,衛星写真と3D画像の地図表示ソフト「Google Earth」を発表
GIS(Geographic Information System:地理情報システム)
「保険会社がハリケーンの被害見積もりに当社のGIS技術を活用」,米MapInfo
地理情報システムの業界団体OGC,各種仕様の相互接続をGITAでデモ
強力特許に揺れるGISベンダー---KDDI、電子地図の標準化狙ってライセンス交渉開始
地理情報の「Web Coverage Service」仕様を非営利業界団体が承認,「Web Terrain Service」仕様はRFCへ
地理情報を記述する言語「GML」の新版を業界団体が承認

[発表資料へ]