PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Mozilla FoundationのオープンソースWebブラウザの新版「Firefox 1.5」のリリースが予定より遅れるかもしれない。Mozilla Foundationが米国時間11月29日に,Firefoxの普及促進を図るコミュニティ・サイト「Spread Firefox」のブログで最終テストの協力を呼びかけた。

 Firefox 1.5は太平洋標準時11月29日午後に公開される予定だと米メディア(InfoWorld)は報じている。11月29日午前7時投稿のブログ記事には,「新ソフトウエア(Firefox 1.5)のテストに12時間以上協力してくれる人を急募する」となっている。なお,現在Spread Firefoxサイトは一時的に停止しており,「当サイトは決してハッキングされたのではありません」との註釈とともに,キャンペーン開始に向けてテスト中であるとする告知が表示される。

 Firefox 1.5では,ソフトウエア・アップデート機能の強化や「戻る」「進む」ボタン処理速度の向上を図ったほか,オプション/設定ウインドウのデザインを刷新したという。SVG,CSS 2,CSS 3,JavaScript 1.6などに対応し,個人情報を消去する「Clear Private Data」を備える。

◎関連記事
米Mozillaが「Firefox 1.5 RC3」の英語版を公開,Mac OS X対応などを強化
Firefoxリリース1周年,「Firefox 1.5は年内,2.0は2006年リリース」
1周年を目前に,「Firefox」のダウンロード件数が1億件を突破
米Mozilla,「Firefox 1.5 Beta 1」は9月8日リリース,「RC1」は10月末に
「2005年10月のWebブラウザ利用状況,『Firefox』が勢いを回復」,米調査
新Webブラウザ「Flock」はIEやFirefoxの脅威になる
“Web 2.0”対応ブラウザ「Flock」,開発者向けプレビュー版が公開
「Web 2.0」を知っていますか?

[Spread Firefoxのブログ記事]