PR

 市場調査会社の米Wainhouse Researchは,VoIPサービス「Skype」の利用状況について調査した結果を米国時間11月29日に発表した。それによると,過去6カ月間にSkypeを利用したユーザーのうち,ビジネスでの利用価値があるとする回答者は70%に達したという。

 調査は,Web会議製品の購入者やユーザー155人を対象に実施したもの。このうち過去6カ月間にSkypeを利用したことがあるのは4分の1だった。

 過去6カ月間にSkypeを利用したユーザーのうち,「頻繁に利用する」という回答者は17%,「時々ビジネスで利用する」は27%,「ビジネスでの使用にも耐えうるが利用していない」は27%だった。一方,「ビジネスでも個人的にも利用できない」とする回答者は5%である。

 Wainhouse Research社上級アナリストのAndy Nilssen氏は,「調査からSkypeのサービス品質が高水準に達しており,ビジネスでVoIPが受容される一助となっていることが分かった」と述べる。「Skype自体が企業で本格導入される可能性は低いかもしれないが,企業によるVoIP導入を後押ししていることは間違いない」(同氏)

◎関連記事
「企業はSkypeの利用を禁止すべき」,カナダの調査会社が警告
人気沸騰のインターネット電話「Skype」,日本で使うメリットはあるか?
IP電話とSkypeとBluetoothの濃密な関係
P2P型パソコンIP電話のSkype,キャリア4社と提携
IP電話の利便性損なう総務省判断
米eBayがルクセンブルグSkypeを買収へ,取引総額は最大約41億ドル
1億ダウンロードを突破したSkypeの脅威(1)
<インフラcになりつつあるSkypeを感じたこの一週間

[発表資料へ]