PR

 米Intelが米国時間11月30日に,エンターテインメント・パソコン用基盤技術Intel Viiv向けのコンテンツ・サービスの計画を発表した。世界各地の映画/テレビ/音楽/ゲーム関連企業や,写真編集技術を持つ企業と提携し,2006年に40種類以上のサービスを利用可能とする。

 Intel Viivは,Intel社のデュアルコア・プロセサ,チップセット,ソフトウエア,ネットワーク技術などで構成する。OSはMicrosoft Windows Media Center Edition。付属のリモコンを使うと,音楽や映画の再生/ダウンロード,ゲームなど,すべての機能を遠隔操作できる。オプションのテレビ・チューナ・カードを使用すると,テレビ番組の録画や,放送中の番組の巻き戻しといった操作ができる。同社では,2006年第1四半期に複数のメーカーが同技術対応エンターテインメント・パソコンをリリースすると見込む。

 同技術対応パソコンに向け,映画やビデオ,テレビ番組のレンタル/ダウンロード,音楽とゲームのダウンロードなどのサービスを用意する。また写真編集ソフトウエアも提供し,写真の管理/編集/共有機能や,リビング・ルームのテレビに表示できるスライドショー作成機能も利用可能とする。

 2006年後半には,Intel Viiv対応機器同士が家庭内ネットワーク経由で各種コンテンツを共有できるサービスも実現するとしている。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,日本国内では吉本興業傘下の米Bellrock Media(国内法人はベルロックメディア)がコンテンツ配信を行う予定という。

◎関連記事
米Intel,家庭向けエンターテインメントPC用の基盤技術「Intel Viiv」を発表
米Intel,デジタル・ホームに向けた家電のプラットフォーム・ソリューションを発表
米Microsoftと米CableLabs,デジタルCATV対応Windows Media Center PCに向け合意
米Intel,デジタル放送関連の技術資産を英Zarlinkから買収
米Dellが高級機路線,ハイ・エンドのエンターテインメントPCや50インチ・プラズマHDTVなどを発表
米HP,MD/プラズマ/LCD方式で8機種のHDTVを一挙発売,メディア・センターPC 2機種も
テレビとの融合加速へ──パソコンの未来像を各社PC担当トップに聞く 第1回
「Media Center PCの販売を新たに20市場拡大」,米Microsoft

[発表資料へ]