PR

 米国の調査会社であるNielsen Entertainmentは米国時間11月30日,エンターテインメント分野の今後の展望に関する調査結果を発表した。携帯電話,PDA(携帯情報端末),携帯音楽プレーヤ,ノート・パソコンなど,急速なモバイル化の進展が,エンターテインメント分野にも大きなビジネス・チャンスをもたらすという。

 「携帯電話ユーザー1億4000万人のうち,今後1年間に携帯電話の買い換えを予定しているユーザーは52%に達し,“モバイル革命”が新たなビジネス・チャンスを生むのは明らか」(同社)。同社は,デジタル・エンターテインメント分野で注目すべき動向として,主に以下の項目を挙げた。

  1. モバイル化
  2. 無線接続
  3. ロケーション認識
  4. プル型配信
  5. IPテレビ
  6. 高速ブロードバンド
  7. 統合サービス
  8. 量販ゲーム
  9. カスタム・メディア
  10. 没入型メディア

 また課題としては,デジタル著作権管理(DRM),標準,新ラッダイド運動(19世紀初頭の機械打ち壊し運動が語源),ジェネレーション・ギャップ,製作コストの低下が挙げられた。

◎関連記事
携帯ゲーム機にもなる次期FOMA,ドコモとゲーム大手が人気ソフトを完全移植
米HPの新デジタル・エンタテインメント戦略,新製品や松下とのDVDフォーマット連携などを発表
米Microsoftがデジタル・エンタテインメントの取り組みを発表,松下との協力など
米AOL,モバイル向け写真/位置情報/エンタテインメント情報サービスなどを発表
「やっぱりゲーム」,エリクソン,モトローラなどがモバイル・ゲーム標準化で提携
「モバイル・ゲーム市場,2008年は97億ドル超に」─英調査
「米国ゲーム市場は現在110億ドル規模,モバイル・ゲームが急拡大」と米ヤンキー
「インドでモバイル・ゲームが成長の兆し,2009年の売上高は現在の約13倍に」,米調査

[発表資料へ]