PR

 米Googleは,無料電子メール・サービス「Gmail」に新たなセキュリティ機能を追加した。同サービスのヘルプ・センターの説明によると,メールを送受信するたびに,添付ファイルのウイルスの有無を自動チェックするという。

 受信メールの添付ファイルにウイルスが検出された場合,Gmailのシステムがウイルスを除去し,ユーザーは当該メールの内容を読むことが可能。駆除できなければ,当該メールはダウンロード不可となる。

 送信メールの添付ファイルにウイルスが検出された場合,ユーザーが添付ファイルを削除しない限り,送信は実行できない。

 なお,この新機能について,一部ユーザーから困惑や落胆の意見が寄せられていると米メディア(InfoWorld)が報じている。主な苦情は,「新機能をオフにできない」「実行可能ファイルを遮断する従来の機能が残っている」「新機能の提供ベンダーが不明である」の3点。これに対してGoogle社の広報担当者は,「新機能をオプションにする計画や,実行可能ファイルの遮断機能を停止する予定などはない」と回答したという。また,どのベンダーが技術を提供しているかについても明言を避けた。

◎関連記事
米Googleが「Gmail」の容量を2Gバイトに倍増,リッチ・テキストにも対応
メール・セキュリティ総まとめ(前編)~ウイルス対策とスパム対策~
米Sun,電子メールのセキュリティ・サービス「Sun Secure Mail」を提供開始
英首相の電子メール・アドレスを“餌”にするトロイの木馬,英Sophosが警告
FBI,同局の名をかたるウイルス感染メールに対して警告
「キーロガーや偽URLなど,フィッシングの手口が悪質化」,APWG
米Microsoft,「Windows Live Mail」の最新ベータ版を公開
米AOL,無料メール・サービス「AIM Mail」のベータ版を発表

[Gmailヘルプ・センターのページ]