PR

 米Microsoftは米国時間12月6日に,サーバー向けOSのアップデート版「Windows Server 2003 R2」が製造段階に入った(RTM:Release To Manufacturing)ことを明らかにした。60日以内に一般提供を開始する予定。同サーバーOSを含む小企業向けパッケージ「Microsoft Windows Small Business Server 2003 R2(SBS 2003 R2)」は,2006年第2四半期に利用可能とする。

 Windows Server 2003 R2はWindows Server 2003用修正プログラム「Service Pack(SP)1」をベースにしており,安定性とセキュリティを向上させたという。ブランチ・オフィス・サーバー管理機能,ユーザー認証/アクセス管理機能,ストレージ設定/管理機能,Unixとの相互接続性の改善などを図った(関連記事)。

 Microsoft社は同日,同サーバーOSに対応するストレージ機器向けOS「Windows Storage Server 2003 R2」もRTMになったと発表した。新たに単一インスタンス・ストレージ,全文検索,Webベース・コラボレーション・ソフトウエア「Windows SharePoint Services」との文書連携といった機能を搭載する。同社では,2006年前半に米Dell,米Hewlett-Packard(HP),米Iomega,米LeftHand Networks,米Tacit NetworksといったメーカーがWindows Storage Server 2003 R2搭載NAS製品を提供すると見込む。

 なおWindows Server 2003 R2に対しては,30社以上のソフトウエア・ベンダー,ハードウエア・メーカー,ソリューション・プロバイダが対応を表明しているという。

◎関連記事
マイクロソフトの新OS「R2」に感じる中途半端さ
マイクロソフト,日本語Windows Server 2003 R2の製品候補版を提供開始
Microsoft,Windows Server 2003 R2の最終製品候補版を公開
米Microsoft,2003 R2から仮想マシン環境のライセンスを簡素化
あなたが知らないWindows Server 2003 R2の姿(前編)
米Microsoft,「Windows Server 2003 R2」の製品候補版を公開
Longhorn Serverの本当のすごさとは
米Microsoft,次期サーバーOS「Longhorn」の新セキュリティ機能などを紹介

[発表資料へ]