PR

 欧州連合(EU)向けのトップ・レベル・ドメイン(TLD)「.eu」の登録受付が,中央欧州時間12月7日午前11時より「サンライズ期間」として始まった。.euドメインを管理する非営利組織EURid(European Registry of Internet Domain Names)が同日明らかにした。

 サンライズ期間では,一般に先がけて企業などの登録を受け付ける。2005年12月7~2006年2月6日の「サンライズ1」(EU域内で商標登録済みの組織および公共機関),2006年2月7~4月6日の「サンライズ2」(企業名や事業名の権利保持者)を設け,一般登録は2006年4月7日以降になる。

 .euドメインについて,欧州委員会(EC)は「.fr(フランス),.be(ベルギー),.pl(ポーランド)といったEU加盟国の既存の国別TLDを置き換えるものではない」と説明する。「国別TLDを補完する意味があり,Webサイトや電子メール・アドレスなど,インターネット上で欧州全体を示す際の選択肢の一つである」(EC)。

 ちなみにEURidの経過報告によると,受付開始後1時間で8万件以上の申し込みがあり,同日午後6時45分には10万件に達した。午後17時38分時点で最も申請が多いのは,1位から順に「sex.eu」「hotel.eu」「travel.eu」「jobs.eu」。

◎関連記事
欧州連合向けTLD「.eu」は2006年初頭より利用可能に,登録は2005年末から
ICANN,欧州連合向けドメイン名「.EU」の国別TLD化を承認
ICANN,新たなスポンサ付きTLDに「.jobs」「.travel」を正式認定
ICANNが「.net」の次期レジストリの選考結果を発表,米VeriSignが有力
蘭UnifiedRoot,自由にTLD名を選べるドメイン名管理/提供サービスを開始
インターネット管理体制の協議機関新設へ,ただし米国主導型は変わらず
米政府がDNSに関する原則の概要を公開,「今後もTLDの支配権を維持する」
「2005年Q1の世界ドメイン登録,前年同期比22%増の7690万件」,米VeriSign

[発表資料へ]