PR

 百科事典や辞書などに特化した検索サイト「Answers.com(旧名称はGuruNet.com)」を運営する米Answersは,英Brainboost Technologyを買収したことを,米国時間12月6日に発表した。取引は,現金400万ドルと制限付き株式43万9000株で行った。

 Answers社は,自然言語による検索が可能なBrainboost社の人工知能技術を自社サイトやコンテンツ・ライブラリに組み込む予定。Brainboost社で同技術の開発に従事したAssaf Rozenblatt氏は,Answers社で自然言語リサーチ部門のディレクタに就任する。

 Brainboost社創立者兼CTOであるRozenblatt氏は,「人工知能はより直感的なユーザー・エクスペリエンスを実現できるため,次世代検索において重要なカギになる。自然言語のクエリー分析の進歩は,人々がWebで情報を探す方法を一新した」と述べている。

◎関連記事
米Ask Jeeves,検索エンジンにパーソナライズ機能などを追加
「2005年Q2の検索エンジン,『AOL』『Ask Jeeves』が前期比2ケタの伸び」,米調査
米Google,文章での質問に事実を回答する「Q&A機能」を検索サイトに追加
NTT-Xと米Google社が提携,日本語処理技術を共同開発
MSゲイツ会長が次世代検索技術を語る─「MSNはリンクではなく答えを届ける」
「いつ」「どこ」など求める答えをピンポイントに返す検索技術をNTTが開発
接戦を繰り広げる米Googleと米Yahoo!,勝負の行方はいかに
「検索エンジンを使用する主な目的は『研究』や『個人的関心事』のため」,米Nielsenの調査

[発表資料へ]