PR
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは米国時間12月7日に,地域検索および地図表示サービス「Windows Live Local」について明らかにした。太平洋標準時間12月8日午前9時よりベータ提供を開始する。地図検索プラットフォーム「Virtual Earth」をベースとし,航空写真や道順表示,イエローページといった機能を備える。

 Windows Live Localでは,上空45度からの俯瞰画像を提供する。ニューヨーク,ロサンジェルス,サンフランシスコ,ボストン,シアトル,ラスベガスなどの主要都市を含め,「全米人口の約25%をカバーする」(同社)。俯瞰画像は,Pictometry International社が低空飛行で撮影した写真を道路や衛星地図と統合し,360度のパノラマをシミュレーションして周囲から眺められるようにした。スクリーン上のナビゲーション・ツールやプレビュー・ボタンで,方向や倍率を切り替えられる。今後2年をかけて,俯瞰地図や道路地図データを継続的にアップデートしていく計画である。

 道順検索をする際は,目的地をクリックすればよいので,目当ての場所の正確な住所が分からなくても簡単に順路を確認できる。印刷専用オプションでは,注釈追加,曲がり角のサムネール表示などが可能。また,WiFi接続したノート・パソコンやTablet PCを使っているユーザーが自身の現在地を始発点として簡単に設定できるよう,「Location Finder」機能を強化した。

 そのほか,地図上の指定位置にピンを立ててメモを追加した“カスタム地図”も作成可能。カスタム地図は電子メールやブログ,「MSN Messenger」などを介して仲間と共有できる。

◎関連記事
米Microsoft,地図検索サービス「MSN Virtual Earth」のベータ・サイトを公開
「米Googleと米Microsoftの衛星画像による地図検索サービスは後者に軍配」,米調査
米Google,地域検索サービス「Google Local」に「Google Maps」を統合
米Google,新たな地域検索サービス「Google Maps」のベータ版開設
米Yahoo!,地域情報検索サイト「Yahoo! Local」を正式にスタート
米AOL,地域情報検索サービス「Local Search」を開始
米A9.com,通りの風景写真を表示する地図検索サービス「A9.com Maps」
Webアプリのパラダイム・シフトか,米Googleなどが切り開いた新手法「Ajax」

[発表資料へ]