PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Yahoo!は米国時間12月8日に,ユーザー同士の質疑応答で疑問の解決を図るQ&Aサービス「Yahoo! Answers」(ベータ版)を開始した。Yahoo!社が同日明らかにしたもの。文章で質問を登録するとほかのユーザーから回答を得られる。

 質問と回答は内容に応じて分類し,後日閲覧できるよう検索可能な状態で保存される。関心のある分野を登録しておけば,個人用ページ「My Yahoo!」やRSSリーダーで,その分野の最新の質問や回答を読める。

 同サービスでは,回答者を評価する仕組みも用意する。最も適切な回答をしてくれたユーザーに投票すると,特定の分野におけるその回答者の信頼性を高められるという。

◎関連記事
米Answers,自然言語検索技術の英Brainboost Technologyを買収
恐るべき可能性?それとも使い道がない?議論を呼ぶ新サービス「Google Base」
米Google,過去の検索行動を学習する「Personalized Search」を正式リリース
株主総会でオンライン・サービスへの注力を語った米MS---ライバルを名指しする内部メモ流出
デスクトップの機能をネットワークが吸い取る---MicrosoftがGoogleを恐れる理由
「2005年Q2の検索エンジン,『AOL』『Ask Jeeves』が前期比2ケタの伸び」,米調査
MSゲイツ会長が次世代検索技術を語る——「MSNはリンクではなく答えを届ける」
米Google,文章での質問に事実を回答する「Q&A機能」を検索サイトに追加

[発表資料へ]