PR

 米Intelが,2005年第4四半期業績見通しの中間修正を米国時間12月8日に発表した。9月時点で102億~108億ドルの範囲としていた売上高予測を,104億~106億ドルとした。

 粗利率は63%±1ポイントの中央値よりやや高くなると見込む。事前予測は63%±2ポイントだった。57億~61億ドルの範囲としていた設備投資費は,中央値をやや下回るとみる。

 そのほかの事前予測値に変更はない。主な内容は以下の通り(関連記事)。

・費用(研究開発費とマーケティングおよび一般管理費):約30億ドル
・研究開発費:約52億ドル
・株式投資や利息などによる利益:約1億3000万ドル

◎関連記事
米Intelの2005年Q3決算,売上高は過去最高の99億6000万ドル,Q4の売上高見通しは予想下回る
「米AMD,米小売りパソコン市場で米Intelを抜く」,米調査
「2005年Q3の世界パソコン出荷台数は前年同期比17%増,首位は米Dell」
米AMDの2005年Q3決算は増収増益,マイクロプロセサが44%成長
「2005年の世界パソコン出荷台数は2億460万台に」,米IDCが予測を上方修正
「公正な市場を取り戻す」、米AMDの法務責任者がインテル非難の会見
「2005年の世界PC市場,出荷台数は伸びるものの売上高はほぼ横ばい」,米Gartnerの調査
Intelに乗り換えるApple,「開発者の不安」と「Jobs氏の自信」

[発表資料へ]