PR

 オープンソース団体Apache Software Foundation(ASF)は,ソフトウエア開発用のプロジェクト・ビルド・ツール「Apache Maven 2.0」と作業統合ツール「Continuum 1.0」の一般提供を開始した。ASFが米国時間12月12日に明らかにしたもの。

 Maven 2.0は,Project Object Model(POM)アーキテクチャをベースとするビルド・ツール。プログラムのコンパイルやテスト,パッケージングなどが行える。開発プロジェクトに関するさまざまな情報を管理する機能も備え,プロジェクト管理ツールとしての側面も持つ。プラグインで開発フレームワークを拡張すると,複数のプログラミング言語に対応できる。

 Continuum 1.0は,Maven 2.0などのビルド・ツールと組み合わせて使う統合ツール。ソフトウエア・ビルド作業における試験やパッケージング処理を自動化し,ビルド結果レポートの出力などと連携させ,連続的に作業を進められる環境を構築する。

 「両ツールを組み合わせると,宣言型ビルド,依存性管理,文書作成,サイト発行,配布といった機能が利用可能となって,ソフト開発プロジェクトの見通しがよくなり,管理もしやすくなる」(ASF)

◎関連記事
【Jakarta/Apacheウォッチ】第21回 強力ビルド・ツール Apache Maven2ついにリリース
【Jakarta/Apacheウォッチ】 第2回 Javaビルド環境の標準はAntからMavenへ
米Sun,世界各地の開発者に「NetBeans IDE」のCDを無料で提供
Java開発環境の新版「Sun Java Studio Enterprise 8」登場,米Sunが無償ライセンスも設定
人に聞けないJavaの常識(1)
「Java開発者はオープンソース・ソフトを信頼し,積極的に利用している」,米調査より
米Oracle,Java開発ツール「JDeveloper 10 g」のライセンスを無料化
「Eclipse RCP 3.1」が公開,「Eclipse Platform 3.1」は今週中にリリース

[発表資料へ]