PR

 英Vodafoneとトルコ預金投資基金(SDIF:Savings Deposit and Investment Fund)は,Vodafone社がSDIFからトルコTelsim Mobil Telekomunikasyon Hizmetleriのほぼすべての資産および事業を買収することで合意した。Vodafone社が英国時間12月13日に明らかにしたもの。

 Telsim社は,GSM方式の携帯電話サービスを手がける通信事業者。「トルコで第2位の規模を持つキャリア」(Vodafone社)で,2005年8月末時点の加入者数は870万人,2005年6月時点の市場シェアは約21.4%。ただし,現在Telsim社の資産はSDIFが管理している。

 Vodafone社は45億5000万ドルでSDIFからTelsim社を買収する。米MotorolaおよびフィンランドNokiaが支払いを求めているTelsim社の負債は,買収対象としない。買収にあたり,Telsim社が納付する予定だった付加価値税(VAT)4億ドルの支払い義務も発生する。Vodafone社は評価額にVATも含めており,短中期で回収できるとみる。手続きは2006年第1四半期に完了する予定。

 トルコの携帯電話市場について,Vodafone社CEOのArun Sarin氏は「欧州ではドイツについで2番目に人口が多く,(携帯電話機の)普及率が53%ということから,トルコ市場には大きな成長のチャンスがある」と述べる。

 なお,Vodafone社がTelsim社を買収することについて,Motorola社は米国時間12月13日に歓迎する声明を発表した。Motorola社は2005年10月に,Telsim社およびSDIFとのあいだで負債の問題が和解したと伝えていた(Motorola社の発表資料)。これによりMotorola社は,5億ドルの現金を受け取るほか,Telsim社の資産売却で得た金額の20%が得られる。

 また,Nokia社もMotorola社と同じく和解に達している(関連記事)。

◎関連記事
英Vodafone,インドの通信会社BTVLの所有権の10%を約14億8000万ドルで取得
英Vodafoneの累計契約者数は1億6500万人,3Gサービスも好調
「2010年まで携帯電話や民生電子機器が半導体業界をけん引」,米In-Stat/MDRの調査
「2006年のモバイル業界,市場構造とプロバイダ戦略に変化が起こる」,英調査
「2005年Q3の携帯電話市場,過去最高の販売台数を記録」,米Gartnerの調査
米Intel,中東,トルコ地域を対象とする5000万ドルのベンチャ・キャピタル基金を設立
スペインのTelefonicaが欧州最大の規模,モバイル事業者の英O2を177億ポンドで買収へ
米国のVCは今後5年間に海外への投資を増加する,投資対象の上位は中国とインド

[発表資料(Vodafone社)]
[発表資料(Motorola社)]