PR

 米Microsoftは,コミュニケーション・プラットフォーム「Exchange Server」の次版「Exchange 12」のベータ版を一部テスターに提供開始した。Microsoft社が米国時間12月14日に明らかにしたもの。最終版が登場するのは,2006年後半から2007年初めの予定。

 同社は「IT管理者による管理が容易になり,エンド・ユーザーが“受信箱”を活用しやすくなるとともに,組織のセキュリティと法令順守が向上することで,メッセージング・システムのコストと複雑さを減らす」とExchage 12を説明する。64ビット・サーバーに対応させて,機能,拡張性,投資回収率(ROI)を高めるほか,管理者の負荷を軽減するツールを提供する。具体的には,必要なコンポーネントだけを導入できるインストール方法,簡素化したナビゲーションと新しいフィルタリング機能,シェル環境の新版「Microsoft Command Shell(MSH)」(開発コード名は「Monad」),クライアント検出を自動化する機能などを新たに搭載する。

 エンド・ユーザーの操作性向上のために,1個の受信箱で電子メール,ファクシミリ,ボイス・メールを総合的に管理できるようとする。Webブラウザから受信箱にアクセスするためのクライアント「Outlook Web Access」も同梱し,場所やOS,ネットワーク接続の種類にかかわらずコミュニケーションできる環境を提供する。

 セキュリティ手段としては,スパムやウイルスに対抗するフィルタを用意する。フィルタや阻止リストを自動更新するアンチ・スパム機能,添付ファイルの拡張子,名前,タイプを基に電子メールをフィルタリングする機能などを備える。

 なお,米メディア(InfoWorld)は,Exchange 12のベータ2版は2006年中盤リリース予定と報じている。

◎関連記事
僕らがx64になる日
待望の機能を搭載したExchange 2003 SP2
Microsoftのライブ・ソフトウエア戦略はWeb 2.0になれるか?
米MicrosoftがExchange Server 2003 SP2の提供を開始,モバイル向け機能を強化
米Microsoft,業務アプリの新ブランド「Dynamics」やサーバー・パッケージ「Centro」で中規模企業対応を強化
「最近報道されたウイルスはWindows Vistaと無関係」,米Microsoftが見解を表明
米Microsoft,Lotus Notes開発者が設立したコラボレーション・ソフト・ベンダーを買収へ
MSが描くExchange Serverのロードマップ

[発表資料へ]