PR

 米Oracleは,米Citigroup Venture Capital Internationalが所有するインドi-flex solutionsの株式取得を完了した。Oracle社が米国時間12月14日に明らかにした。これによりOracle社は,i-flex社の発行済み株式の約43%を所有することになる。

 i-flex社は銀行向けソフトを手がけるインドの大手企業。119カ国の595銀行を顧客に抱える。同社のアプリケーションはOracle社の技術向けに最適化されており,i-flex社の顧客の90%以上がOracle社の製品を利用しているという。

 i-flex社の取締役に就任するOracle社社長のCharles Phillips氏は,「i-flex社とは,販売,研究開発,サービスやサポートなど,さまざまな分野で戦略的に協力している。今回の投資により,金融サービス業界にいっそう優れた製品を提供できるようになる」と述べた。

◎関連記事
米Oracle,インドの銀行向けソフトi-flexの過半数株式を約3億1600万ドルで取得へ
米オラクルが58億5000万ドルで米シーベルを買収
日本オラクル,顧客データ管理ソリューションでジャスミンソフトと提携
「銀行の選択で重要なのは,支店やATMの場所よりもオンライン・バンキング」,米調査
金融機関で導入が進むWWWの「セルフサービス」機能,2004年の投資額は3倍へ
「銀行のWWW対応サービスには改善の余地あり,ランキングはCitibankが首位」---米社が調査
EBPPは金融機関にとって不可欠のサービスに--IDCが調査
「オンライン・バンキング,2007年には米国家庭の37%が利用する」,米調査

[発表資料へ]