PR

 米IntelとドイツのBMW Groupは,技術やマーケティングなどの分野において広範な提携関係を結んだ。この提携には,Intel社による「BMW Sauber F1 Team」への資金提供が含まれる。両社がドイツ時間12月15日に発表した。

 提携の一環として,BMW Groupと世界各国のBMW販売店ネットワークにIntel社の技術が導入される。また,Intel社は,同年6月にBMW社が買収したBMW Sauber F1 Teamの公式企業パートナとなる。

 今回締結された複数年の契約と長期的な技術提携を通じて,Intel社はBMW社が持つ世界各国のデータ・センターにおけるITインフラの標準化を支援する。また,3000店を超える販売店に対し,Intel社の技術を搭載したサーバーやパソコンならびにソフトウエア・サポートを提供する。

 BMW Groupでは,社内で使用しているノート・パソコンをIntel社のCentrinoモバイル技術を搭載するノート・パソコンに切り替えるとともに,Intel社の技術を採用する携帯情報端末(PDA)を大量導入するという。

 併せて両社は,サードパーティ製の携帯電話や携帯型音楽プレーヤといった機器をBMW製の自動車に統合する仕様の策定にも取り組むことで合意している。

◎関連記事
米IntelのQ4業績見通し,売上高予測の上限を下方修正
米Intel,10億ドル超の対インド投資計画と2億5000万ドル規模の現地企業向け基金を発表
米Intelと米Micron,民生電子機器向けNANDフラッシュ・メモリーの合弁会社を設立へ
「米AMD,米小売りパソコン市場で米Intelを抜く」,米調査
独BMW,独Peiker AcusticのBluetooth対応車載向けハンズフリー・キットを採用

発表資料へ