PR

 米Microsoftは,最新セキュリティ・アップデート適用後にWebブラウザ「Internet Explorer(IE)」の挙動がおかしくなる現象について,原因を突き止めた。Microsoft社のJeremy Dallman氏が米国時間12月16日に,開発者向けネットワークMicrosoft Software Developer Network(MSDN)のIE関連ブログで明らかにしたもの。2006年後半リリース予定の新版「Internet Explorer(IE)7」(ベータ1版)を異なるバージョンのIEが入った環境にインストールすると,この現象が起きるという。

 これまで同社は,「IEが起動後すぐにハングアップする」「IEでリンクを開くと空白ページが現れる」「IEを1回だけ起動したのに複数のウィンドウが開く」という異常動作の報告を受け取った。こうした現象の原因を,同社では「IE7ベータ1とIE6の両方を導入したため」としている。

 IE7はインストール後初めて起動する際にあるレジストリ・キーを作成するが,IE6導入済み環境ではこの作成作業に失敗してしまう。レジストリ・キー「HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{c90250f3-4d7d-4991-9b69-a5c5bc1c2ae6}」を削除すれば,問題を解決できるという。

 「IE7ベータ1をほかのバージョンのIEと並行利用することは想定しておらず,サポート対象外の使用方法だ。IE7ベータ1をアンインストールし,当社の推奨する環境に再度インストールするよう推奨する」(同氏)

◎関連記事
IEに危険なセキュリティ・ホール,修正パッチがようやく公開
OperaにもIEと同じセキュリティ・ホール,バージョン8.02以降では修正済み
「12月はWindowsのセキュリティ情報が2件,最大深刻度は『緊急』」---マイクロソフト
「11月はWindowsに関する修正パッチが1件,最大深刻度は『緊急』」---マイクロソフト
米Microsoft,IE7向けセキュリティ強化の一部を公表
MSが10月のセキュリティ情報を一部更新,ダウンロードセンターからパッチを入手したユーザーは注意
IE7 Beta 2の前に中継ぎベータを提供
米Microsoft,「IE 7」出荷時点でW3C標準互換性テスト「Acid2」合格は無理

[Jeremy Dallman氏の投稿]