PR

 オープンソースのブログ・ソフトウエア「WordPress」を提供する団体WordPressは,米Yahoo!のホスティング・サービス「Yahoo! Web Hosting」のオプション・メニューとしてWordPressを提供する。WordPressが米国時間12月20日に明らかにしたもの。

 WordPressは,オープンソースのスクリプト言語PHPとデータベースMySQLで開発したブログ構築用ソフトウエア。GNU General Public License(GPL)を適用して公開している。

 Yahoo! Web Hostingのユーザーは,数クリックするだけの操作で「WordPress 2.0」をプラグインやテーマとともに導入できる。WordPressの新版やアップデータがリリースされた場合には,Yahoo!社側が更新作業を行うのでメンテナンスの手間がかからないという。さらに,ブログにスパム阻止機能を付加するプラグイン「Pro-Blogger Akismet」(通常は月額5ドル)を無料で利用できる。

 Yahoo!社のホスティング・サービスについて,WordPressは「膨大なストレージ,帯域幅,Yahoo!社の信頼性など,ユーザーが求める基準となる機能をすべて十分に備えている」と述べる。Yahoo!社がWordPressを提供開始するまでにはまだ時間がかかると見込む。「しかし,時間をかけると料理は美味しくなるものだ(WordPress 2.0もそうだ)」(WordPress)。

 なお,米メディア(InfoWorld)は,Yahoo!社がWordPressと交わしたものと同様の契約を,前週ブログ構築ソフトウエア「Moveable Type」を手がける米Six Apartとのあいだで結んだと報じている(関連記事)。Yahoo!社はYahoo! Web Hosting(月額11.95ドルから)の無料オプションとして,Moveable TypeとWordPressを提供する。

◎関連記事
米Yahoo!と米Six Apart,ビジネス向けブログ・ホスティングで提携
米Yahoo!,ソーシャル・ネットワーキングとブログを統合した新サービス
掲示板やメールに続き、ブログにもスパム---リンクをクリックすると、アダルトサイトが出現
「米企業CEOはブログのメリットを認識,ただし自身のブログ公開はわずか7%」,米調査
「企業の89%がブログを導入済み/導入予定,社内外の両面でメリット」,米調査
活気づくブログ検索市場,米Googleの新サービス「Blog Search」を検証
Microsoftがいつのまにか最大のブログ・サービス提供会社に
「米国ブログ読者数は2004年に58%増加して3200万人」,米調査

[発表資料へ]