PR

 米Time Warner傘下のAmerica Online(AOL)と米Googleは米国時間12月20日,両社の提携について正式に発表した。Google社がAOL社株式の5%を10億ドルで取得するほか,オンライン広告やインスタント・メッセージング(IM)サービスおよびオンライン・ビデオ・サービスに関して世界規模の協力体制を敷く。

 Time Warner社会長兼CEOのDick Parsons氏は「両社の提携は,急速に成長するオンライン広告市場においてAOL社が地位を確立する上で重大な意味を持ち,より多くの広告主をAOL社のWebサイトに呼び込むことができる」と述べた。また今回の提携でカギとなるのは「当社のコンテンツだ」とし,「Googleサービスのユーザーがより簡単にこれらコンテンツにアクセスできるようにする」(同氏)と付け加えた。

 Google社は引き続きAOL社に検索エンジンを提供する。また,Google社の広告技術を利用した「AOL Marketplace」を立ち上げ,AOL社が直接AOLブランドWebサイトの広告主に検索広告を販売できるようにする。さらにGoogle社のネットワークを通じて広告掲載枠を拡大する。

 ビデオ検索に関しては,Google社のテレビ番組検索サービス「Google Video」でAOL社の有料ビデオ配信サービスをカバーする。両社のIMサービスの連携を図り,「Google Talk」と「AOL Instant Messenger(AIM)」のユーザーが特定の環境で相互にメッセージをやりとりできるようにする。

 ちなみに,Google社は今回の出資により,Time Warner社以外で唯一のAOL社株主となる。AOL社における経営および戦略の管理はTime Warner社が維持するが,Google社はAOL社の将来の売上や株式公開などに関する「少数株主に与えられる特定の権利」を保有する。

 なお,AOL社とGoogle社の提携に対しては,投資家のCarl Icahn氏が「果たしてGoogle社は最良のパートナだろうか」と異論を唱え,「Time Warner社役員会が破滅的な決断をしようとしているのではないかと深く案じている」との公開書簡を発表している。

◎関連記事
「米Googleは米AOLのベスト・パートナか?」,投資家から米Time Warnerへの公開書簡
米Google,広告主が掲載サイトを選べるサイト・ターゲット広告のベータ・テスト
株主総会でオンライン・サービスへの注力を語った米MS,ライバルを名指しする内部メモ流出
デスクトップの機能をネットワークが吸い取る---MicrosoftがGoogleを恐れる理由
「2005年の企業評判ランキングで米Googleが3位に,米Microsoftは7位」,米調査会社
検索時間を減らすMicrosoft製検索ツール
米Googleが広告サービス「AdWords」を拡充,入札方法を見直すとともに新サービスを開始
「オンライン広告市場,2010年には現在の約2倍の189億ドル規模に」,米調査

[発表資料へ]