PR

 米Rambusは,米AMDに対してメモリーおよびロジックLSI向けインタフェース技術に関する特許をライセンス供与する。Rambus社が米国時間1月3日に明らかにした。契約期間は5年間で,延長または見直しの可能性がある。契約金額は7500万ドル。

 対象となる特許は,DDR2/DDR3/FB-DIMMといったメモリーやPCI Expressバスのほか,Rambus社のメモリー・インタフェース「XDR」用のコントローラに使われる技術に関係する。

 なお,米メディア(internetnews.com)は,Rambus社が同様のライセンス契約を米Intelや複数の日本メーカーと結んでいると報じている。

◎関連記事
米Rambusの2005年Q2決算,売上高が前年同期比14%増
米Rambus,データ転送クロック8GHzのメモリー・インタフェース「XDR2」を発表
米Rambus,米IBMにXDRコントローラ・セル「XIO」のライセンス供与
「昨日の友は…」,米Rambusが韓国Samsungを特許侵害で提訴
米Rambus,米GDAから高速インタフェース向けPHYコアIPを買収
独Infineonが米Rambusとの特許侵害訴訟で和解,ライセンス料は2年で4680万ドル
「技術系企業の76%がライセンス収入の大幅増を予測」,米調査
「半導体業界,今後10年でベンダーの40%が撤退する可能性あり」,米Gartnerの調査

[発表資料へ]