PR

 米Gracenoteは,ハンズフリーで音楽を楽しむための音声認識ソリューション「MediaVOCS」,コンテンツを認識してプレイリストを自動的に作成する「Playlist Plus」を米国時間1月5日に発表した。両製品は,米ラスベガスで開催中の「2006 International CES」の同社ブースにて紹介されている。

 同社によれば,デジタル音楽ダウンロードの人気が高まり,消費者の音楽コレクションは増加しているものの,MP3プレーヤ,携帯電話,カー・ステレオのように,スクリーンが小さい上に操作に制限があるデバイスでは,気分に合った特定の楽曲を探すのが難しくなっているという。

 このような環境でも,MediaVOCSとPlaylist Plusの両製品を組み合わせて利用することにより,「簡単な音声コマンドを使って聞きたい楽曲を検索して再生したり,選択した楽曲,アーティスト,アルバムに似た楽曲の自動プレイリストを作成できるようになる」と同社は説明する。

 MediaVOCSとPlaylist Plusは個別に利用することもできる。Playlist Plusにより,コンピュータを利用しなくてもプレイリストが作成できる。たとえば,両製品に対応したカー・ステレオに携帯型のMP3プレーヤや携帯電話を接続すれば,音楽リストをカー・ステレオに転送することなく,音声コマンドによってプレイリストを作成することもできる。

 また,同社は同日,消費者が自分の好みに合った新しい音楽を見つけるのを支援する音楽推薦エンジン「Gracenote Discover」を発表している。

 Gracenote Discoverは,オンラインの音楽ストア・カタログから新しい楽曲,アルバム,アーティストを推薦するために利用できる。同製品は,同社の音楽専門家のエディトリアル,DSP(デジタル信号処理)から導いた楽曲の属性,コミュニティからのフィードバックをもとに楽曲を推薦する。

 同製品は,2006年中旬にリリースが予定されている。

◎関連記事
米MTVと米Microsoftが音楽配信サービス提供へ,Windows Media Playerに組み込む
「2005年前半のデジタル音楽販売,前年同期間から3.5倍増」,IFPI調査
「米国のMP3プレーヤ出荷台数,2010年まで年平均10%増加」,米調査
米Appleの携帯型デジタル音楽プレーヤ「iPod」,eBayとAmazonサイトで売れ行き好調

発表資料(1)
発表資料(2)