PR

 東芝が,0.85インチ型ハード・ディスク装置(HDD)に垂直磁気記録(PMR)技術を適用すると米国時間1月5日に発表した。1平方インチ当たり200Gビットという記録密度を目指すことで,約10Gバイトの記憶容量を実現可能とみる。2007年に利用可能とする予定。

 0.85インチ型HDDは「世界最小」(同社)で,現在4Gバイトのモデルを販売している。「PMR技術を0.85インチ型HDDに適用することで,例えば携帯電話機を,音楽やビデオ,GPS対応地図といった機能を持つ完全なエンターテインメント/情報機器に変えられる。デジタル音楽プレーヤや携帯用GPSなどの機器の小型化をさらに推進し,記録できる音楽,ビデオ,地図のサイズを増やすこともできる」(同社)

◎関連記事
フラッシュ対ハードディスク,競合の先にあるもの
「HDD世界市場,2004~2009年の成長を牽引するのは民生電子機器市場」,米IDCの調査
米Seagate,垂直磁気記録方式を採用したHDDや8Gバイト1インチHDDなど10製品を発表
韓国Samsung,フラッシュ・メモリーによる16Gバイト半導体ディスクを開発
日立GSTが垂直磁気記録を実用化,2007年に3.5型で1Tバイト容量のHDDを製品化へ
日立の米国法人と米Seagate,6Gバイトの1インチ型HDDをそれぞれ出荷開始
「新型不揮発性メモリーによる“ナノストレージ”市場は2011年に657億ドル規模」,米調査
ノートパソコンが変わる日――ハードディスク(前編)

[発表資料へ]