PR

 米Rambusと韓国Hynix Semiconductorのあいだで争われているメモリー関連技術の特許訴訟で,カリフォルニア州北地区連邦地裁はHynix社の出したRambus社に対する訴訟取り下げ請求を棄却した。Rambus社が米国時間1月5日に明らかにしたもの。

 Rambus社によると,「Hynix社は当社が不正行為や文書破棄をしたと主張し,取り下げ請求を出していた」という。同地裁のRonald Whyte判事は「当裁判所は,Rambus社に違法な証拠隠滅がなかったと判断した」と判決文に記している。同判事は,Rambus社にSDRAMおよびDDR/DDR2 SDRAM製品に関する特許侵害でHynix社を訴える権利があると認めた。

 これにより,裁判は2006年3月6日に行われることになった。

◎関連記事
米Rambus,米AMDに特許を5年間7500万ドルで供与
米Rambus,米IBMにXDRコントローラ・セル「XIO」のライセンス供与
「昨日の友は…」,米Rambusが韓国Samsungを特許侵害で提訴
独Infineonが米Rambusとの特許侵害訴訟で和解,ライセンス料は2年で4680万ドル
米Rambusの特許侵害訴訟,韓国Hynixの特許侵害を一部認める略式判決
米Rambus,「アクセス・タイム・レジスタ」関連の欧州特許が無効に
「技術系企業の76%がライセンス収入の大幅増を予測」,米調査
「半導体業界,今後10年でベンダーの40%が撤退する可能性あり」,米Gartnerの調査

[発表資料へ]