PR

 米Adobe Systemsは米国時間1月9日,デジタル写真のポスト・プロダクション・ツール「Lightroom」のベータ版を公開した。プロ写真家に向けたもので,「タスク・ベースの作業環境により,デジタル写真の取り込み,管理,印刷,プレゼンテーションまで,一切のワークフローを合理化できる」(同社)という。

 Lightroomのベータ版は,Adobe社の「Camera Raw」技術を採用しており,100種以上のカメラに対応する。RAWデータの取り扱いを簡易化したほか,取り込んだ画像を同社の画像ファイル統一仕様「Digital Negative(DNG)」に変換できる。

 また,コントロール・パネルやツールをクリック操作で隠し,編集中の画像だけを画面に表示できる「Lights-Out」モードや,ソフトウエアと出力した写真に自身のブランドを付加できる「Identity Plate」機能を提供する。

 ベータ版の対応OSはMacintosh OSX 10.4.3で,1GHzの「PowerPC G4」プロセサ,768MバイトのRAM,ディスプレイ解像度1024x768を推奨している。同社Adobe Labsサイトでダウンロードできる。

 なお製品版では,Windows環境もサポートする予定。同社は,「ユーザーからのフィードバックを取り入れ,2006年中に製品版をリリースする予定」としている。

◎関連記事
米Adobe,生デジタル写真ファイルの統一仕様を発表
米Adobe,デジタル写真編集ソフト「Photoshop Elements 3.0」を北米で出荷開始
米Adobe,デジタル写真ソフトの新版「Photoshop Album 2.0」を発表,無償版のダウンロード提供も開始
米Adobe,デザイン/出版業務向けスイート製品「Adobe Creative Suite」を出荷
米Adobeと米Eastman Kodakが提携,Adobe社ソフトからオンライン写真印刷サービスを提供
米SanDisk,プロの写真家向けに高速メモリー・カードを発表
米HP,デジタル・カラー画像処理/印刷の普及に向けた事業方針を発表
米Kodakがデジタル・プリンティングの事業戦略を発表

[発表資料へ]