PR

 米Boeingの通信サービス事業部門である米Connexion by Boeingは,同社が機内で提供している高速インターネット接続サービス「Connexion by Boeing」の拡充と料金改訂を,米国時間1月11日に発表した。

 1月23日より,Connexion by Boeingサービスの一部として,BBC World,EuroNews,Eurosportnews,CNBC,MSNBC各局の生放送を視聴できるようにする。また1月15日より,米Yahoo!の検索エンジンを同サービスのポータル専用に採用する。

 料金改訂は1月31日より実施する。「Internet Time」オプションを利用する場合,アクセスを開始してから1時間の利用料金は9.95ドル,2時間が14.95ドル,3時間が17.95ドル。また乗り継ぎも含め,24時間アクセス可能な「Internet Flight」オプションは26.95ドルとなる。

 InfoWorldの記事では,「多くの利用場面では安くなるが,3~6時間の中距離フライトで無制限アクセスを利用していたユーザーにとっては割高になる(従来は20ドル)」と報じている。Connexion by Boeing社マーケティングおよび直販担当副社長のDavid Friedman氏は,「顧客からのフィードバックに応え,より柔軟でシンプルな料金体系を導入した」と説明した。

 なお米メディア(Mobile Pipeline)によると,Connexion by Boeingサービスは複数のアジア系および欧州系航空会社が提供しているが,北米の航空会社はまだ導入していないという。

◎関連記事
米Connexionが航空機内高速接続サービスで新たな提携,船舶向けにも事業拡大
米Connexion,機内向け無線ネット接続サービスの提供でシンガポールStarHubと提携
NTTコム,米Connexionの機内向けネット接続サービスとローミング可能に
ホットスポットが国際線機内に広がる,NTTドコモと米ボーイングが提携
米iPassと米Connexion by Boeing,機内向け無線インターネット接続サービスで提携
独Lufthansa航空など,今春から機内高速ネット接続サービスを開始
アジア初のブロードバンド対応旅客機,成田を離陸
ノート・パソコンは休暇の必需品?ノート・パソコン所有者の72%が「旅行先にも持ち歩く」,米調査

[発表資料へ]