PR

 米Oracleは米国時間1月12日に,サービス指向アーキテクチャ(SOA)導入を支援するスイート製品「Oracle SOA Suite」を発表した。「従来のミドルウエア技術を利用しながら,SOAのメリットを活用できる。既存のITシステムを組み合わせて即座に新たなビジネス・サービスを展開することが可能」(同社)

 同社のミドルウエア「Fusion Middleware」で構成する同スイートは,既存のIT環境をそのままSOA対応に構築できるという。Oracle製品だけでなく,米IBMの「WebSphere」,米BEA Systemsの「WebLogic」,米JBossの「JBoss Application Server」といった他社のアプリケーション・サーバーもサポートする。

 Oracle SOA Suiteの主なコンポーネントは以下の通り。

・「Oracle BPEL Process Manager」:Webサービス向けビジネス・プロセス仕様Business Process Execution Language(BPEL)を採用し,Webサービスの連携とビジネス・プロセスの自動化を支援する

・「Oracle Enterprise Service Bus」:既存ITシステムとビジネス・パートナの接続を確保する

・「Oracle Web Services Manager」:Webサービス・ポリシーの定義と実行を管理する

・「Oracle Business Rules Engine」:ビジネス・ルールの定義と管理を簡素化する

・「Oracle Business Activity Monitoring」:ビジネス・プロセスの状況をリアルタイムで把握する

・「Oracle Enterprise Manager」:日常的なデータベース管理作業でのSOA導入を実現する

・「Oracle JDeveloper 10g」:アプリケーション作成の統合開発環境で,Oracle SOA Suiteの他のコンポーネントすべてに対応するツールセットの役割を果たす

◎関連記事
米Oracle,SOAとWebサービスのセキュリティ実装を簡素化する統合プラットフォーム
米HP,既存アプリを“モダン”なWebサービス/SOAに対応させる支援サービスを発表
米Sun,SOA導入支援の「SOA Path」でJava普及促進を図る
米Sun,SOAを支援するサービス・レジストリ「Sun Service Registry」を発表
米IBM,新ソフト/サービス/パートナ支援策でビジネス・プロセス向けSOAを強化
米IBMがパートナのSOA導入支援で新たな取り組み,ソフトの無償トライアル版提供など
独SAP,サービス指向アーキテクチャへの移行を支援するプログラムを発表
「SOA導入は下手をすれば失敗の山」、ガートナー ジャパンのリサーチディレクタが警告

[発表資料へ]