PR

 米Googleのパーソナライズ・ホームページがモバイル対応になった。同社が米国時間1月12日に発表したもので,ユーザーは携帯電話やPDAなどから,そのユーザー向けに構成されたGoogleのパーソナライズ・ホームページにアクセスできる。

 「出張中のユーザーは,いつもチェックしている特定の銘柄の株式情報を即座に取得できる。ニュース収集に熱心なユーザーは,パソコンやテレビの前にいなくても,お気に入りのニュース・ソースのヘッドラインをすぐに閲覧することが可能だ」(同社)

 すでにパソコンでGoogleホームページをパーソナル化しているユーザーは,まずモバイル・デバイスのブラウザからGoogleサイト(http://www.google.com)にアクセスし,「Personalized Home」リンクを選んでサイン・インすればよい。次回からは自動的に,項目をカスタム設定したホームページにアクセスできるようになる。

 同社ソフトウエア・エンジニアが公式ブログに投稿した記事によると,モバイル版パーソナライズ・ホームページで閲覧できるのは,無料電子メール・サービス「Gmail」の受信メール,ニュース・ヘッドライン,天気予報,株式情報,Atom/RSSフィードなど。

 まだGoogleホームページをパーソナル化していないユーザーは,パソコンからhttp://www.google.com/igにアクセスし,カスタム項目を設定する必要がある。

 モバイル向けパーソナライズ・ホームページは,XHTML対応のモバイル・デバイスからアクセス可能。無償で提供するが,現在利用できるのは米国ユーザーのみ。

◎関連記事
Googleがポータル化,My Yahoo!のようなパーソナライズ・サービス開始
米Google,Personalized Homepage向けのモジュール作成用APIを公開
米Google,過去の検索行動を学習する「Personalized Search」を正式リリース
米Google,パーソナライズ機能を強化したデスクトップ検索アプリの新版
米Google,携帯電話向けの地域/道路情報サービスを発表
米Google,モバイル・ソーシャル・ネットワーキングのdodgeball.comを買収
「Web 2.0」を知っていますか?
“Web 2.0”対応ブラウザ「Flock」,開発者向けプレビュー版が公開

[発表資料へ]