PR

 米IBMは米国時間1月17日にアパレル・メーカーの米GapとITインフラ・サービスに関する提携を結んだことを明らかにした。契約期間は10年間で,総額は約11億ドルにのぼる。

 IBM社はGap社の北米店舗およびオフィスを対象に,メインフレーム,サーバー,ネットワーク,ヘルプデスク,デスクサイド・サポート・サービスなどを提供する。

 Gap社店舗内の顧客サポート向上を図り,北米の2850店以上にネットワーキング機能を拡大する。IBM社の技術を用いて,これら店舗を最先端の無線ネットワークに移行する。

 またIBM社は,Gap社のITシステムを統合し,グローバルな業務とサポートに活用できるようにする。

 「販売業務を推進し,自社の強みを生かして顧客をもてなすことが当社の最優先課題だ。技術インフラをIBM社に任せることで,当社はより早くそのための能力を発揮することができる」(Gap社CIO兼副社長のMichael Tasooji氏)

◎関連記事
ピッツバーグ大学医療センター,ストレージ・インフラを米HPから米IBMにリプレース
米IBM,蘭ABN AMROから約18億ドルのアウトソーシング契約を獲得
米HP/米IBM/米Gateway,加州のITインフラ供給で総額1億1600万ドル規模の契約獲得
米HPがフランスRenaultからデスクトップ管理契約を獲得,5年間で1億5000万ドル規模
「世界トップクラスの企業は,技術インフラ費用を削減/アプリ管理に投資」,米調査
「2005~2009年の世界IT支出は年平均5.9%で増加,垂直市場が好調」,米調査
「企業IT支出の展望は全般的に良好」,米CIO Magazine誌の調査

[発表資料へ]