PR

 米Motorolaは米国時間1月17日,スウェーデンのKreatel Communicationsを買収することで,両社が最終合意に達したと発表した。買収手続きは2006年第1四半期中に完了する見込み。買収金額などの詳しい取引条件については明らかにしていない。

 Kreatel社は,LinuxベースのIPTV向けセットトップ・ボックス(STB)を開発する企業。同社の顧客には,スペインのTelefonica,スウェーデンのTeliaSonera,オランダのKPNなど,大手サービス・プロバイダが名を連ねているという。

 Motorola社はケーブル/xDSL/FTTP向けネットワーク・インフラやデバイスなどを手がけており,「Kreatel社のSTBは,Motorola社のデジタル・ビデオ製品を補完するものになる。特に,IPTV向けデジタルSTBの急増する需要に対応できる」(同社)。

 「Motorola社とKreatel社の強みを持ち寄ることで,サービス・プロバイダが今後映像ネットワークを構築していく上で,非常に重要な製品を提供できる」(Motorola社Connected Home Solutions部門社長のDan Moloney氏)

◎関連記事
米Motorola,携帯電話向けラジオ・サービスを次期「Rokr E2」より提供
米Motorola,量産向け携帯電話「C115」の製造拠点をインドへ
米Motorolaと加Nortel,Zafirovski氏の移籍問題で和解
米Motorolaと米Intel,モバイル向けWiMAX技術の普及促進で提携
米TI,VoIPやIPTV向けのサービス品質管理システム「PIQUA」を発表
「2009年のIPTV世界市場,加入者数5300万人でサービス売上高は440億ドル強」,米調査
「IPTVサービス,欧米消費者が最も懸念するのは『画質の悪さ』」,米調査
「業界各社から当社IPTVプラットフォーム対応の新製品」,米Microsoft

[発表資料へ]