PR

 米Apple Computerは米国時間1月18日,2006会計年度第1四半期(2005年10~12月期)の決算を発表した。売上高は57億5000万ドルで,前年同期の34億9000万ドルから65%成長した。純利益は5億6500万ドル(希薄化後の1株当たり利益は65セント)で,前年同期の2億9500万ドル(同35セント)からほぼ倍増した。Apple社によると,「過去最高の売上高と純利益」。

 同社は2005会計年度第4四半期(2005年7~9月期)の決算発表時に,当期の売上高を約47億ドルと予測していた。

 当期の粗利率は27.2%で,前年同期の28.5%からやや低下した。当期は海外における売上高が全体の40%を占めた。

 同社が当期に出荷を始めた「Macintosh」製品は前年同期比20%増の125万4000台,「iPod」製品は同207%増の1404万3000台となった。

 米メディア(CNET News.com)によると,当期におけるiPodの売上高は29億ドルで,全体の半分以上を占める。

 Apple社CEOのSteve Jobs氏は,「当期はiPodの販売台数が約1400万台に達し,予定より5~6カ月も前倒しでIntelプロセサ搭載Macのリリース体制を整えることができた」と述べている。同社CFOのPeter Oppenheimer氏は,2006会計年度第2四半期(2006年1~3月期)の決算について,「売上高は約43億ドル,GAAP(会計原則)ベースの希薄化後の1株当たり利益は約38セント,非GAAPベースの同利益は約42セントになる見通し」と予測した。

◎関連記事
米Appleの7~9月期と通期決算,「当社史上最高の売上高と純利益」
米Appleの2004年10~12月期決算,売上高,純利益ともに過去最高
米Appleの1~3月期決算は大幅な増収増益,「iPod」出荷台数は558%増
米Appleが初のIntel搭載iMacの出荷を開始,ノートは「MacBook Pro」に改称
AppleがIntel Macで跳ぶ「その先」とは?
Intelに乗り換えるApple,「開発者の不安」と「Jobs氏の自信」
「2005年の世界PC市場,出荷台数は伸びるものの売上高はほぼ横ばい」,米Gartnerの調査
「米国のMP3プレーヤ出荷台数,2010年まで年平均10%増加」,米調査

[発表資料へ]