PR

 米Citigroup Corporate and Investment Bankingが,電子証券取引ネットワーク(ECN:Electronic Communications Network)を構築すると米国時間1月18日に発表した。当面は,先ごろ米NexTrade Holdingsから買収した米OnTradeの技術資産を流用し,ECNを運用する。

 Citigroup社はこのECNに技術的強化を施す計画で,2006年第2四半期に増強作業を完了すると見込む。「市場構造が大転換する時代において,当社自身,ほかの仲買人およびディーラー,当社の顧客に柔軟な取引環境を提供できるECNの構築を目指す」(Citigroup社米株式担当責任者のJim O'Donnell氏)。

 なお,米メディア(CNET News.com)は,O'Donnell氏の発言を受け,Citigroup社以外の証券会社なども同ECNで株式の売買が行えるようになる,と報じている。

◎関連記事
「システムの計画停止は適切な判断だった」、東証の西室会長兼社長
東証が全銘柄取引停止、売り注文殺到でシステムが限界に
東証が新聞報道を否定、「今後の増強計画は一切決まっていない」
東京証券取引所システム障害の教訓--上流偏重から「運用重視」に転換せよ
動かないコンピュータ・フォーラム(17)---証券取引所で何が起きているのか
米E*TRADE,米JPMorganのオンライン証券サービス部門を16億ドルで買収へ
米E*TRADE FINANCIAL,オンライン証券の米Harrisdirectを買収
米NASDAQ,ECN運営のInstinet Groupを18億8000万ドルで買収

[発表資料へ]