PR

 米Imationと米Memorex Internationalは,ImationによるMemorexの買収について最終合意に達した。両社が米国時間1月19日に明らかにしたもの。Imationは3億3000万ドルの現金を支払って買収を実施し,手続きは2006年中に完了する見込みだ。さらに,買収手続き完了から3年間の買収事業の業績に応じ,Imationは500万~4500万ドルを現金で支払うという。

 Memorexの買収について,Imationの会長兼CEOのBruce Henderson氏は「当社の技術的な専門知識,強力な企業間電子商取引(BtoB)ブランド,世界各地の拠点,幅広い製品群,業界での経験にMemorexが加わることで,データ・ストレージ業界における新たな台風の目となる」という。

 2005会計年度通期(2004年4月~2005年3月期)におけるMemorexの業績は,売上高が4億3000万ドル,営業利益が3000万ドル。2005年4月~9月期は,売上高2億500万ドル,営業利益1400万ドルだった。Memorexの買収により,Imationは年間の営業利益を3200万~3600万ドル程度,1株当たり利益を0.40~0.47ドル程度上乗せできると見込む。

◎関連記事
米Imation,HD DVDとBD対応の光ディスク製造規模を拡大
米アイメーションが色事業を米コダック関連会社に売却,ストレージに専念
BDおよびHD DVD対応製品やコンテンツ,2006年に米市場で続々登場
Blu-ray Disc支持派の米HP,競合規格HD-DVDもサポート
米MicrosoftによるHD DVDへの異常な支持
米HPがBlu-ray陣営に提言,HD DVDの著作権保護/インタラクティブ機能の採用を申し入れ
米Dellと米HPがHD DVD支持に回った米Microsoft/米Intelに反論
Blu-ray Disc推進団体,「コスト効率の高いメディア量産環境が整いつつある」

[発表資料へ]