PR

 ソフトウエア開発ツール関連の業界団体Eclipse Foundationがカナダで現地時間1月23日に,ビジネス・インテリジェンス(BI)/レポーティング・ツールの新版「Eclipse Business Intelligence and Reporting Tools(BIRT)2.0」の提供を1月20日に始めたと発表した。Eclipse FoundationのWebサイトから無償でダウンロードできる。

 BIRTは,Eclipseをベースとするデスクトップ・オーサリング環境の「Report Designer」,Javaアプリケーション内でレポート作成を可能にする「Report Engine」,API群などを提供する。

 新版では,ライブラリの再利用を可能とし,サービス・プロバイダや各種組織,オープンソース・コミュニティなどが作成したライブラリを共有できるようにした。ライブラリには,複数のレポート・デザインで再利用するため,レポート部品/機能を入れる。また“ページ・オンデマンドHTML”と呼ぶ機能を採用し,「大きなサイズのレポート文書の閲覧をインターネット経由でも効率よく行えるようにした」(Eclipse Foundation)。

 ドラッグ&ドロップでレポートを作成可能な操作体系を取り入れたほか,レポートのJavaおよびJavaScriptコードをデバッグする機能を強化した。CSSに対応し,複数のレポートで外部スタイル・シートを共有可能となった。これにより,アプリケーション内の全レポートに共通デザインを適用することが容易に行えるという。

 なお,米Actuate,米IBM,米Pentaho,英Scapa Technologies,イスラエルのZend Technologiesが,BIRT 2.0への対応などを表明している。

◎関連記事
Eclipse Foundation,レポーティング・ツール「BIRT 1.0」を発表
「Eclipseの波に乗ってレポート作成ツールのユーザーを増やす」――BIRTプロジェクトの牽引役が語る
仏Business Objects,Eclipseに対応した「Crystal Reports」のプレビュー版
米Microsoftが「Office 12」でBI機能拡充,企業データの分析を容易に
米Greenplumなど3社,オープンソースBIプラットフォーム「Bizgres」向けスタックをリリース
米Microsoft,ビジネス・インテリジェンス・ソフト「Maestro」の非公開ベータ版を発表
仏Business ObjectsとスウェーデンMySQL,BIプラットフォームとデータベースの統合で提携
「2008年には,現在の約3倍のBI担当者が必要」,米Gartnerの調査

[発表資料へ]