PR

 米IBMは米国時間1月23日に,「Workplace」コラボレーション向け製品の新版を発表した。クロスプラットフォーム対応や標準サポートの強化を図っており,「ポータル・サイト構築ソフト『WebSphere Portal』とともに,当社のサービス指向アーキテクチャ(SOA)戦略を推進する製品」(同社)である。

 今回発表したのはコミュニケーション/コラボレーション・ツール「Workplace Collaboration Services 2.6」,サーバー管理型デスクトップ・クライアント「Workplace Managed Client 2.6」,電子申請用ソフトウエア「Workplace Forms 2.6」,ソフトウエア開発ツール「Workplace Designer 2.6」。

 Workplace Collaboration Services 2.6は,電子メール,カレンダ,インスタント・メッセージング(IM),eラーニング,Web会議,ドキュメント/Webコンテンツ管理といった機能を提供する。ドキュメント検索エンジンを強化し,OpenDocument Format(ODF)をサポートする。iCal対応により「Lotus Notes」とカレンダ機能の連携を図ったほか,「Lotus Sametime」とのやりとりを実現するためのIMゲートウエイを追加。クロスプラットフォーム対応を拡充した。

 その他の製品の主な強化内容は以下の通り。

・Workplace Managed Client 2.6:ODFサポート,Linuxデスクトップ向けLotus Notesプラグインなどを追加した。

・Workplace Forms 2.6:XFormsをサポートし,対応OSおよび言語を拡大した。

・Workplace Designer 2.6:Lotus Domino開発者の使い勝手を向上する各種機能を備える。Java,XML,JavaScript技術を用いて,支出報告,ディスカッション・フォーラム,ブログ,チーム作業などの機能を構築可能。

◎関連記事
米IBMがLinux対応強化に1億ドル投資,コラボレーション技術「Workplace」で
米IBM,コラボレーション環境構築のための新製品などを発表
米Open-Xchange,コラボレーション・サーバー販売で米Novell,米Red Hatと提携
「2008年におけるWeb会議/コラボレーション・ソフトの世界市場は11億ドル規模」,米Gartner
米Microsoft,Lotus Notes開発者が設立したコラボレーション・ソフト・ベンダーを買収へ
米Novell,コラボレーション管理ソフト「GroupWise」のロードマップを発表
米Microsoft,「Notes」と「Domino」からの移行支援ツール3種を発表
米Microsoft,「Exchange 12」初のベータ版を提供

[発表資料へ]