PR

 米Yahoo!は米国時間1月23日,スペインのバルセロナとチリのサンティアゴに,それぞれ研究センターを新設すると発表した。Web検索/マイニングの専門家であるRicardo Baeza-Yates氏が両センターの指揮を取り,Web検索および情報抽出に関する研究を行う。

 Baeza-Yates氏はバルセロナを拠点として,同社研究部門Yahoo! Research責任者であるPrabhakar Raghavan氏の直属となる。同氏はこれまで,カタルーニャ高等研究所(ICREA)の研究者およびポンペウ・ファブラ大学(UPF)の教授を務めていた。

 バルセロナの研究センターは,地元産業や政府機関が支援する非営利研究所Center for Innovation Barcelona Mediaと共同で運営する。同研究所は,UPFをはじめ地元大学ともつながりがある。

 サンティアゴの研究センターは,Center for Web Research(CWR)と共同で運営する。CWRはBaeza-Yates氏が設立し,チリ政府が資金援助したもので,チリ大学のFaculty of Physical and Mathematical Sciencesが運営している。
 
 「今回の開設は,欧州および中南米での才能を見出す素晴らしい機会であり,研究開発をリードする大学との連携強化につながる」(Raghavan氏)。

◎関連記事
米Yahoo!が米東海岸に研究所を開設,DARPA元幹部を研究担当副社長に起用
「検索エンジンの“王座”はGoogleがキープ,Yahoo! Searchが猛追」,米調査
米Yahoo!,新興検索技術リサーチ・フェローに元米IBM幹部を任命
米Yahoo!,研究部門トップに検索技術専門家のPrabhakar Raghavan氏を任命
米Yahoo!と米カリフォルニア大学が共同研究所を開設
米Yahoo!,検索技術の研究部門「Yahoo! Research Labs」を設立
米Yahoo!が欧州および韓国事業を完全子会社に,ソフトバンクの持ち株を買収へ
「検索エンジンの“王座”はGoogleがキープ,Yahoo! Searchが猛追」,米調査

[発表資料へ]