PR

 米Avayaと米AT&Tは,企業/政府向けの包括的IP電話サービスで協業する。両社が米国時間1月24日に明らかにしたもの。

 両社は,AT&T社のIPネットワークおよびネットワーク設計/管理技術と,Avaya社の通信技術を組み合わせ,WANから各IP電話までを対象とするサービスを提供する。システムの設計,導入,運用,管理,メンテナンスなどを一括提供し,IP電話システムへの移行を支援していく。

 またAvaya社は,IP電話を含むネットワーク・サービス分野で米Juniper Networksと提携したことも1月25日に発表した。通常のIP電話システムのほか,任意のネットワークからセキュリティを確保しつつ利用可能なIP電話サービス,仮想コンタクト・センター構築,モバイル・アクセスなどを共同で取り組む。これらのソリューションは世界各地で同日より利用可能になる。

◎関連記事
米Avayaと米Symbol Technologies,企業向けモビリティ・ソリューションで提携
日本アバイア---“巨人”が日本のIP電話市場攻略に本腰
「『Skype』のビジネスでの利用価値を認めるユーザーは70%」,米調査
「アジアのVoIP市場,2009年に100億ドル規模に」,米In-Statの調査
「企業はSkypeの利用を禁止すべき」,カナダの調査会社が警告
「2007年までに無線VoIPを導入する企業数は3倍に」,米Infoneticsの調査
「2009年まで垂直市場における無線LANとIPテレフォニ機器への支出が増加」,米調査
「今年はIP PBXの出荷回線数が従来型PBXを上回る」,米In-Statの調査

[発表資料(AT&T社との提携)]
[発表資料(Juniper社との提携)]