PR

 独SAPは現地時間1月25日,2005年第4四半期と2005年通期の決算速報を発表した。第4四半期の売上高は27億5000万ユーロ(33億7000万ドル)で,前年同期の24億ユーロ(29億4000万ドル)から15%増加した。為替の影響を除いた場合は,前年同期比で9%増となる。純利益は6億1900万ユーロ(7億5800万ドル)で,1株当たり利益は2.00ユーロ(2.45ドル)。前年同期の5億4200万ユーロ(6億6400万ドル),1株当たり利益1.74ユーロ(2.13ドル)から14%成長した。

 プロフォルマ・ベースの場合,純利益は6億4200万ユーロ(7億8700万ドル),1株当たり利益は2.07ユーロ(2.54ドル)。前年同期の同条件の純利益は5億5400万ユーロ(6億7900万ドル),1株当たり利益は1.78ユーロ(2.18ドル)である。

 ソフトウエアによる収入は11億8000万ユーロで,前年同期の10億ユーロから18%増加した。為替の影響を除いた場合は,前年同期比12%増となる。

 営業利益は9億8000万ユーロで,前年同期の8億3300万ユーロから18%増加した。プロフォルマ・ベースでは,前年同期比19%増の10億1000万ユーロ。また営業利益率は前年同期比0.9ポイント増の35.6%。プロフォルマ・ベースでは前年同期比1.4ポイント増の36.8%だった。

 2005年通期の売上高は85億1000万ユーロ(104億3000万ドル)で,前年の75億1000万ユーロ(92億1000万ドル)から13%増加。為替の影響を除いた場合は前年比12%増。純利益は15億ドル(18億4000万ドル)で,1株当たり利益は4.83ユーロ(5.92ドル)。前年の13億1000万ユーロ(16億1000万ドル)および1株当たり利益4.22ユーロ(5.17ドル)と比べ14%増加した。

 プロフォルマ・ベースの純利益は15億5000万ユーロ(19億ドル),1株当たり利益は5.01ユーロ(6.14ドル)。前年は13億6000万ユーロ(16億7000万ドル)で,1株当たり利益は4.37ユーロ(5.36ドル)だった。

 ソフトウエア収入は27億8000万ユーロで,前年の23億6000万ユーロから18%増加し,同社の事前予測である12~14%増を上回った。

 ソフトウエア収入を地域別にみると,米国が前年比31%増の8億2000万ユーロで,欧州/中東/アフリカ(EMEA)が同8%増の13億9000万ユーロ。日本を除くアジア太平洋地域が同25%増の3億6300万ユーロ,日本が同6%増の1億2200万ユーロだった。

 2005年通期の営業利益は前年比16%増の23億3000万ユーロ,営業利益率は同0.5ポイント増の27.4%となった。

 SAP社はまた,2006年通期の見通しについても明らかにした。「株式による報酬と買収関連費用などを除いたプロフォルマ・ベースの1株当たり利益は5.80~6.00ユーロ,同条件の営業利益率は前年比0.5~1.0ポイント増になる見通し。また製品収入は前年と比べ13~15%増,ソフトウエア収入は同15~17%増になるだろう」(同社)。

◎関連記事
独SAP,2005年の収入は18%増,急成長の中南米部門を北米部門と統合
独SAPの2005年Q3決算速報,増収増益で通期予測を上方修正
独SAPのQ1決算は増収増益,米国がけん引役となりソフト収入は17%増
独SAPの2004年Q4決算は増収増益,「通期では米国ソフト収入が27%成長」
独SAPの05年Q1決算,全地域が好調で前年比13%増収,16%増益
独SAP,米Oracleからの顧客取り込みプログラムを中小企業向けに拡大
独SAP,設定自動化ツール「SAP Best Practices」の中堅企業向け新パッケージを発表
独SAP,製造業向けビジネス・ツールを手がける米Lighthammerを買収

[発表資料へ]