PR

 米Googleは米国時間1月31日に,2005年第4四半期の決算を発表した。売上高は19億1900万ドルで前期の15億7800万ドルと比べ22%増加,前年同期の10億3200万ドルから86%急増した。GAAPベースの純利益は3億7200万ドル(1株当たり利益は1.22ドル)で前期の3億8100万ドル(同1.32ドル)から減少した。

 GAAPベースの営業利益は5億7000万ドルで,売上高の29.7%となった。前期は5億2900万ドルで売上高の33.5%だった。

 同社傘下のWebサイトによる収入は10億9800万ドル(売上高全体の57%)で前期から24%増加した。Google Networkの売上高は7億9900万ドル(同42%)で,前期と比べ18%伸びた。

 当期は海外事業は売上高全体の38%を占めた。前期のその割合は39%だった。

 提携パートナーに支払う手数料(TAC)は6億2900万ドル(広告収入の33.2%)。前期は5億3000万ドル(同34.0%)だった。

 ちなみに米メディアの報道(CNET News.com)によると,アナリストの事前予測は1株当たり利益が1.76ドルだった。決算報告が予測を下回ったことを受け,同社の株価は同日の時間外取引で15%下落している。

 同社は2005年通期の業績についても発表した。売上高は61億3900万ドルで前年の31億8900万ドルと比べ92.5%の急成長。同社傘下のWebサイトによる収入は前年比112.5%増の33億7700万ドル。Google Networkの収入は,同72.9%増の26億8800万ドルとなった。海外事業の売上高が全体に占める割合は39%で,前年の34%から拡大した。

 GAAPベースの純利益は14億6500万ドルで,前年の3億9900万ドルから急増。同条件の営業利益は20億1700万ドルで,前年は6億4000万ドルだった。

◎関連記事
米Googleの2005年Q3決算,売上高は前年比96%増の15億8000万ドル
米Googleの05年Q2決算,前年比98%増収で過去最高の売上高13億8400万ドル
米Googleの2005年Q1決算,93%増収で大幅増益
米Googleが2004年Q4と通期の決算報告,年間売上高は前年比118%増の31億8900万ドル
「2005年の企業評判ランキングで米Googleが3位に,米Microsoftは7位」,米調査会社
米Yahoo!の2005年Q4と通期の決算,大幅な増収増益
米Microsoftの10~12月期決算は9%増収,ただし予測をわずかに下回る
デスクトップの機能をネットワークが吸い取る---MicrosoftがGoogleを恐れる理由

[発表資料へ]