PR

 フィンランドのNokiaが,スマートフォン向けPython処理環境「Python for S60 Platform」のソースコードをオープンソースとして公開すると,現地時間1月31日に発表した。オープンソース・コミュニティSourceForge.netを通じ,ソースコードを提供していく。

 Python for S60 Platformは,スマートフォン・プラットフォーム「Series 60 Platform(S60)」向けの,スクリプト言語Pythonを処理する環境。同社は開発者向けWebサイトForum Nokiaで無償配布していた。

 この環境を利用すると,S60対応スマートフォンやモバイル機器でPythonアプリケーションを動かせる。通常Pythonからは利用できない機器固有の機能も,C++で記述されたモジュールを動的ロードすることでPythonアプリケーションに付加できる。

 同社はSourceForge.net内での活動を続け,Python for S60の推進に取り組むとしている。

◎関連記事
Nokiaの新携帯電話,フル・キーボード,表計算やプレゼンの編集機能搭載も
フィンランドNokiaと米Symantec,「Series 60」対応機器へのセキュリティ・ソフト搭載で合意
セキュリティ団体TCG,携帯電話機セキュリティ仕様の策定計画を発表
「2005年前期のSymbian OS搭載機の出荷数,前年比191%増の1450万台」,英Symbian
「欧州/中東/アフリカではP言語の利用が前年比2ケタ減」,米調査
スクリプト言語人気に思う,動的型付け言語の可能性
「Symbian OS」搭載携帯電話機に感染するトロイの木馬,一挙に52種類検出
「2010年まで『Symbian OS』がスマートフォン市場をリード」,米ABIの調査

[発表資料へ]