PR

 米Adobe Systemsは米国時間2月1日,Flashアプリケーション開発/運用向けソフトウエア製品「Flex 2.0」のベータ版を発表した。Adobe社は,「次世代Webアプリケーションの開発を支援する製品ライン」と述べており,同社Webサイトからダウンロードできる。

 ベータ版の主な構成内容は以下の通り。

・Flash Player 8.5:クライアント用ランタイム・ソフト
・Flex Framework 2.0:プログラミング・モデルおよびコンポーネント・ライブラリ
・Flex Builder 2.0:Elipseベースの統合開発環境
・Flex Enterprise Services 2.0:データを多用するWebアプリケーション開発と,サービス志向インフラとの連携を支援する基本データ・サービスとオープンなアダプタ・アーキテクチャ
・Flex Charting Components 2.0:データ視覚化のためのコンポーネント

 Flex 2.0の正式版は2006年前半にリリースする予定。同フレームワークの普及を図るために,Flexソフトウエア開発キット(SDK)ではFlex Frameworkを無償で提供する。また,Flex Enterprise Services 2.0の機能限定版も無償で提供する。Flex Builder 2.0は1000ドル未満になる予定。

 またFlex Enterprise Services 2.0に関しては新たなライセンス体系を導入し,企業向けライセンスのほか,1CPU,1プロジェクト当たりの料金も設定する。
 
◎関連記事
米Macromedia,サービス指向のリッチ・クライアント新版を発表
米Macromedia,Eclipseベースの統合開発環境「Flex Builder 2」などを発表
米Macromedia,「Flex」の非商用ライセンシング・プログラムを発表
米Borlandが「JBuilder」のロードマップを発表,「新製品でEclipseをベースにする」
「今やJava開発環境はEclipseの一面にすぎない」─Eclipse Foundation Mike Milinkovich氏
「リッチ・クライアントはブレイク前夜」,マクロメディア井上社長が意気込み見せる
【NET&COM 2005速報】リッチ・クライアント開発言語「Curl」の採用企業が増加,Webサービスにも対応予定
リッチ・クライアントの製品・技術と事例を調べる

[発表資料へ]