PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米MicrosoftがWindows OSの次版「Windows Vista」に搭載する新機能「Windows Sidebar」と「Gadgets」について明らかにした。ミニ・アプリケーションを実行するためのツールで,Windows Vistaの機能ページで説明を掲載している。

 Gadgetsは,ミニ・アプリケーションにアクセスするためのアイコンでデスクトップ上に表示される。天気予報,ニュース,道路地図,インターネット・ラジオ,オンライン・アルバムに収めている写真のスライドショーといったオンライン・サービスに簡単に接続できる。カレンダやインスタント・メッセージング(IM)のアドレス帳を閲覧したり,メディア・プレーヤを立ち上げたりといった作業もGadgetsから手軽に行える。Gadgetsの数は無制限に作成できる。

 またユーザーは,オンラインのGadgetsギャラリから気に入ったGadgetsをダウンロードして利用することが可能。

 Windows Sidebarはスクロール可能なパネルで,Windows Vistaデスクトップの脇(縦方向)に表示される。GadgetsをSidebarにまとめて整理すれば,いつでも簡単にアクセスすることができる。

 米メディアの報道(InfoWorld)によると,Windows SidebarとGadgetsはWindows Vistaのコミュニティ技術プレビュー2006年2月(February CTP)版で提供する予定。

◎関連記事
米Microsoft,UI設計ツールとドロー・ツールのCTP版を公開
米Microsoft,Webや「Windows Vista」向けのグラフィックス・ツール製品系列「Expression」を発表
米マイクロソフト、次世代デザインツール「Expression」提供へ---「Flash」対抗で次世代Webデザインの主導権が争点に
Windows Vistaの中核「WinFX Runtime Components」が公開
米Yahoo!,ウイジェット実行エンジンの新版「Yahoo! Widget Engine 3.0」を無償提供

米Yahoo!のKonfabulator買収で始まる「デスクトップの場所取り合戦」の予感
「Web 2.0」を知っていますか?
広がるWeb 2.0の世界,使えるサービスはこんなにもある

[Windows SidebarとGadgetsの説明]