PR

 米Sun Microsystemsは,Java向け統合開発環境(IDE)の新版「NetBeans 5.0 IDE」の一般提供を開始した。Sun社が米国時間2月2日に明らかにしたもの。オープンソース・ツール開発プロジェクトNetBeans.orgのWebサイトから無償でダウンロードできる。

 NetBeans 5.0は,Java SE/EE/MEアプリケーションを開発するためのIDE。Solaris/OpenSolaris,Linux,Windows,Mac OS Xで使用可能な,共通のルック&フィールを持ったアプリケーションを作ることができる。

 新版では,バージョン管理システムCVS対応部分の設計見直し,Javaアプリケーション・サーバーSun Java System AppServer 8.2,BEA WebLogic 9,JBoss 4や,Struts,Java Server Faces(JSF)への対応を実施した。

 同社は,開発者向けプログラム「Sun Developer Network Program」のメニュー「Expert Assistance」を通じ,NetBeans IDE向けの技術サポート・サービス「Technical Support for NetBeans」(ベータ版)を提供する。

◎関連記事
米Sun,世界各地の開発者に「NetBeans IDE」のCDを無料で提供
NetBeans.org,「NetBeans IDE 5.0」のベータ版などJava向け開発ツールを公開
米Sun,開発者支援策の強化やNetBeansツールの最新情報を紹介へ
米Sun,Ajax対応のWebアプリ構築ツール「Sun Java Studio Creator 2」を公開
米Sun,Java ESとSun N1 Managementをオープンソース化
人に聞けないJavaの常識(1)
オープンソースになったSolaris,Sunの狙いと成功への課題
Microsoftと和解した今こそSunはJavaをオープンソースにするべきだ

[発表資料へ]