PR

 ノルウェーのOpera SoftWareは現地時間2月6日に,Webブラウザの次期バージョン「Opera 9」に「BitTorrent」ファイル配信プロトコルを組み込む計画を明らかにした。これにより,「大容量ファイルをより早く効率的にダウンロードできるようになる」(同社)としている。

 Opera SoftWare社とBitTorrentの開発元である米BitTorrentは,OperaにおけるBitTorrentの商標使用とBitTorrent検索エンジンへのアクセスに関してすでに合意済みである。

 Operaブラウザに組み込まれた検索フィールドでtorrentファイルを検索し,Operaの「Transfer Manager」機能を使って目的のファイルをダウンロードできるようになる。「ユーザーはtorrentファイルを探すためとダウンロードするために別々のソフトウエアを用意する必要がない」(Opera SoftWare社)。

 同社は,2005年7月7日に公開したOpera 8.02技術プレビュー(TP)版に初めてBitTorrentを組み込んだ(関連記事)。同社によればユーザーの反応は好評で,その後テストを続けた結果,Opera 9に同技術を搭載することを決定したという。

 Opera 9のTP第2版は間もなく公開する。

 また米メディアの報道(CNET News.com)によると,Opera 9ではウイジェット(widget)へのサポートも追加する。TP第2版のダウンロードは,2月7日開設予定の「Opera Labs」サイトを通じて提供する。

◎関連記事
「Opera」ブラウザに「BitTorrent」技術を統合,テクニカル・プレビュ版を公開
ノルウェーOpera,Webブラウザ「Opera」の広告バナー除去のライセンス料を無料に
ノルウェーのOperaがFlashのぜい弱性に対応
素早いファイル配布を可能にしたP2P技術「BitTorrent」とは?
BitTorrentなど4社がOSBCによるオープンソースの注目新興企業に
米FBI,「スター・ウォーズ」違法コピーを配信したPtoPネットワークを閉鎖
「Firefoxのシェアは10%近くまで拡大,IEは前年比で5ポイント低下」,米調査
米MicrosoftがIE 7ベータ2の一般提供を開始,「CSS対応機能の実装を完了」

[発表資料へ]