PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは無料インターネット・メール・サービス「Gmail」にチャット機能を統合した。同社エンジニアのJon Perlow氏が米国時間2月6日に公式ブログで明らかにしたもの。

 Gmailにログインし,左側に表示される連絡先リストで相手がオンラインに接続しているか確認して,即座にチャットを始められる。チャット履歴の保存,検索,閲覧も可能。チャットを記録しないように設定することもできる。

 頻繁に電子メールを送受信する相手のアドレスを自動表示する「Quick Contacts」は,同社のチャット機能付きインスタント・メッセージング(IM)サービス「Google Talk」のリストと完全に同期するという。

 Gmailのチャット機能が利用できるブラウザは,「Internet Explorer(IE)」のバージョン6.0以降,あるいは「Firefox」のバージョン1.0以降。将来的には他のブラウザにも対応する予定。

 「GmailがXMPP準拠のクライアントになったことで,Gmailユーザーは,Google TalkやJabberネットワークの多数のユーザーとやりとりできるようになる」(同社)

 なお,無料音声通話を行うためには,別途Google Talkクライアントが必要。

◎関連記事
Google TalkでXMPP対応IMサービス間の完全な相互接続性を実現
GoogleのIMソフト「Google Talk」を使ってみた
米Googleが「Gmail」の容量を2Gバイトに倍増,リッチ・テキストにも対応
米IBM,IMサービスの相互接続で米AOLおよび米Yahoo!と提携
米Yahoo!と米Microsoft,IMサービスの相互乗り入れで提携
「米国ユーザーの約4割が電子メールよりもIMの方を多く利用する」,米AOL調査
「2005年の世界IM市場は3億1500万ドル規模,2009年には2倍以上に拡大」,米調査
英Reuters,MSN MessengerやAIMとつながる金融機関向けIMサービスを発表

[Google社公式ブログの記事]
[Gmailの新機能紹介ページ]